存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。依存脱出記は引っ越しました。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

ハーベストタイムを知って3年。ガシガシ聴いてたけど一線おきはじめた理由

こんにちは、かすがです。

 

 

四国の寺の末娘として生まれてなんやかんやでクリスチャンになったアラサーです。現在は関東住み。既婚。

 

 

以前私が書いたハーベストタイムミニストリーズ(以下HTM)についての記事がまあまあ読まれてるので、HTMに出会って数年たっている私の今の気持ちを書いてみたいなと思ってます。

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

▪️リアル教会生活がしんどくなった

 

私は教会に通いつつ、日常生活でHTMメッセージを聞いていた時期があります。今もたまに聴いていますが前ほどではありません。理由は「なんとなくリアルの教会生活が物足りなくなってきた」からです。

 

 

おそらくHTMの「中川健一牧師の引力」だと思いました。中川牧師のメッセージはわかりやすいです。そのせいか、やや断定口調になることがあります。

 

  

 もちろん中川牧師のメッセージはきちんと聞けばすべての答えを断定しているものなどは少なく、「断定できる部分だけ断定している」非常にロジカルなものがほとんどです。それでも日本のキリスト教界隈からみると「わかりやすさに力を入れている」ほうだと思います。

 

 

そのせいか言い切り口調が多い。 それそのものは問題ではないと思います。ただ問題なのは「それを受けて私のなかで何が起こったか」です。

 

 

HTMで断言されていることをリアル教会で確認すると「説の一つとしてありますね」と言われることがいくつかありました。そのとき『決して否定している訳ではないのに何か物足りない』という感覚を覚えたのです。

 

 

「断言されている」ことを「それは説の一つですね」といわれると、「断言されている」説を採用したくなる。

 

 

これは一体なんなんでしょうか。しばらくそうやって「断言されている説を採用しながら教会に通う」ことをやっていくと、とうぜんリアル教会の説教では物足りなくなってしまいます。

 

 

自分の群れの牧者の言うことも素直に聞けない。なんなら中川先生とくらべて「断言してくれない、知識が足りないからなのでは」とか思いはじめる始末。自分とこの牧師の強引でないバランスの良さに助けられ、その忍耐を保ち続けて欲しいと祈っていたにもかかわらず。

 

 

 

▪️ 無知の知から遠ざかる自分に気づく

 

もうひとつ起こった変化は、自分が「無知であることを肯定できない」状態になったことです。

 

「自分は聖書を正しく理解できてないんじゃないか、だから自分は聖書のことを語ってはダメなんじゃないか。この箇所もあの箇所も、今までは喜んで読んでたけど実は喜んじゃダメなんじゃないか」

 

みたいな。もうここまでくると

 

それはダメじゃない、自分?やばくなっていくヤツじゃない、自分??

 

 と思うようになり、一回距離を置こうと思いました。

 

 

ちょうどSNSで知り合ったクリスチャンの方がHTMのメッセージをきっかけにして自分の通っている教会と不和になっている様子もあったので、それもあって決めました。

   

 

▪️ HTMのリアル聖書セミナーには絶対に行かない、少なくともあと数年は

 

四国に住んでいたら縁がなかったのですが、関東に住んでからHTMの距離がぐっと近くになりました。たくさんの知り合いがHTMのリアルセミナーに足を運んでいることがわかりました。

 

 

リアルの熱量はすごいので、「わたしは影響を受けやすいからこれに足を運びだしたらそっちに流されるだろうな」と思いました。

 

 

インターネット上であれば保てるラインも、リアル付き合いの吸引力 の前には脆くも崩れ去ることが往々にしてあります。私はまだ教会に馴染むのが先決の時期だと思うので、リアルセミナーに誘われても絶対に行きません。少なくともあと5年は必要なんじゃないかと思います。 

 

ということで

 

キリスト教界隈全体で「説のひとつ」として扱っていることを「真実」だと思ってしまいそう

・その考えを持ってない人を見下してしまうようになりそう

・純粋にしんどい

 

という理由で、私は今ハーベストタイムのメッセージを聞くのをやめてます。こういう調整はネットしか介していないからこそできると思っています。

 

▪️それでもハーベストタイムミニストリーズの価値は計り知れない

 

ネットは、本当の田舎に住んでいる人の信仰生活などに寄り添う力を持っているツールです。そこに力を入れているキリスト教団体は少ないのでHTMはその点のみでも稀有です。

 

何かキリスト教のことを調べ物するときは、ハーベストタイムのサイトも参考にします。まとまっていて回遊しやすい、それだけでも価値がありますから。

 

 

私もたくさん助けられました。ただ私のキャパシティを超えました。

 

 

 ということで、私がハーベストタイムミニストリーズに対して今感じていることでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

全然話が変わるんですけど、最近歯ブラシを変えたらすごい歯茎の調子がよくなったんです。

 

歯磨きの後にデンタルフロスをしてるんですが、フロスに付く歯垢の量が目に見えて少なくなったのです。

 

変えた歯ブラシがこちら。生葉(しょうよう)歯間に入るブラシ 歯ブラシ コンパクト ふつう

 ▼▼▼

歯ブラシの真ん中がうにょーんと出ていて変わったカタチのため気後れしてたんですが、試してみると感動ものでした。

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20180131234716p:plain

 

前は人からのすすめでプレミアムケアハブラシ 6列レギュラー ふつう

 

を使ってたんですが生葉のやつはこれを上回る良さ……。(近所のドラッグストアになかったのでアマゾンで買ってました)

 

 

歯間ブラシをサボってしまうことがある私にとっては良いアイテムです。歯は大事なのでちょっと高いですがリピートです。

 

 

【他にもこんな記事があるよ】

 

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com