読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

「君は死ぬビジョンしか持っていない」ことは悪いことなのだろうか。クリエイティブではないのだろうか。

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160322144932j:plain

 

その頃、私は最小限に必要なものしか
置かないというリセットの時期でもあって
「君は死ぬビジョンしか持っていない」と
怒られたことがある(石川智晶公式ブログより引用)

 

 

自分の考え方、思考回路を見渡してみると、この言葉があてはまる。

 

 

石川智晶という、クリエイターとして生きている人でもそう思う季節があったのか。そして、それは「監督」という仕事をしてる人から怒られることなのか。

 

 

…そういう考え方は「クリエイティブではない」とみなされたのだろうか。

 

 

 

いや、監督云々は、私にとってはどうでもいいのかもしれない。現世に生きてる人なら、そういう考え方はわかる。私が気になるのは、クリスチャンのことだ。

 

 

このところ、「神の国」に入ることを望むクリスチャンにも、「死」を悪いことと考えている方のほうが多いような気がする。正直驚いている。

 

コヘレトの言葉、

 

1:2伝道者は言う、
空の空、空の空、いっさいは空である。

 これに共感する人は、クリスチャンのなかでもそう多くないのかもしれない。

 

 

私は「死ぬビジョンしか持たない人間でも生きていける」ということを証明したい。

それが、私が神から与えられている使命ではないのかと思うくらい、そこにならば情熱を注げるからだ。

 

 

そのために今日もほそぼそと生きて、こうやってPCのキーを叩いている。

 

12:13事の帰する所は、すべて言われた。すなわち、神を恐れ、その命令を守れ。これはすべての人の本分である。 12:14神はすべてのわざ、ならびにすべての隠れた事を善悪ともにさばかれるからである。

 

 私の目には、「死ぬビジョン」しか見えない。

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com