読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

私が葬儀の仕事をしながら考えていたこと~葬儀屋として大事なことは、喪家に恥をかかせないことのみ~

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160123122224p:plain

これから始まる喧騒を予感させる、冷えた空気。ナベとやかんがぶつかる金属音。

しゅわしゅわと立ち上る湯気。

そこから香るほうじ茶のにおいが好きだった。

 

 

 

お葬式の接待と言う仕事を2年半ほどした。

 

仕事内容は、「お葬式に関わることなんでも」だが、プランの相談やお金のことは流石に部署が分かれている。私は喪家様にお茶を出したり式の段取りを手伝ったりする役割だった。こう書いてしまうとあまりに簡単だけれど、実に壮絶な仕事だった。

 

 

何が壮絶だったのか、思い出していたらキリがない。ただ、良く言われる「気を遣う仕事でしょ」というのは少し違う気がする。たとえ式のときに親族が泣こうがわめこうが、そんなこと「スタッフには関係ない」と思える程度には「葬儀会社員」だったと思う。

 

 

大事なことは、喪家に恥をかかせないこと。親族や会葬客、宗教者に対して「喪家」の後援をすること。そういったことに不備がないこと。そして、時間通りに火葬場にたどりつき、火葬許可証を渡して火葬してもらえることである。

 

 (続く)