読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

キリスト教徒の私とエホバの証人の女性との会話。対話が不可能であるという現実に。

学びながら記す【クリスチャン】日記

こんにちは、かすがです。

 


先日、エホバの証人の方が家にいらしたので、少し立ち話をしました。

 

 

私の祖母や、昔あった大学生の人の反応を見ていると、つくづく「エホバの証人=キリスト教」だと思われてる方は少なくないのだなと思わされます。

 

 

 

ものみの塔キリスト教は「似て非なる別もの」であり、似ているようにみせかけて「根本が180度違うもの」だということを、これを読んでいる方には一応知ってもらえたら嬉しいです。

 


私も去年の今ごろは、『聖書も似たようなの使ってるし、イエス・キリストの名前が出てくるしで何が違うのかをよくわかんないな』くらいにしか思っていませんでした。

 

違いを知るきっかけになったのはこの番組でした。

 


↓↓↓↓
FEBCインターネット放送「今、エホバの証人を問う」シリーズ

「私が本当に捕われていたのは…」 – FEBC Online


************

 


立ち話をした人には、このサイトに載っているやり方を模範として接しました。

 

番組記事「今、エホバの証人を問う」 – FEBC Online


今回適応したのは


自分がクリスチャンだと言わずに「ものみの塔はマインドコントロールをかける宗教団体なのでお断りしたい」と言えばいいのです。そのように言われることで、彼らも考えるきっかけになるかもしれません。

 

というモノです。

 


とはいえ、今回私は断るつもりはなかったので

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「ご自身はマインドコントロールを受けていると感じられたことはないですか?」

 

と聞いてみました。

 


そして、返答は

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「マインドコントロールですか?まったくないですよ。私は自分の意思で学んで、その結果ものみの塔を選んでるんです」

 

というものでした。

 


この時点で私が感じたのは、『私は個人的に、自分の信じているものやことを【洗脳じゃないか】と疑えない人を信用することはできない』という事だったので、この方とは【言語が違う】という感覚を覚えました。

 


ごく普通のキリスト教信徒である自分も、ふと「信じてない人から見たらどう見えているか」という視点を思い出すことがあります。

 

私は、「自分を導いてくれた子がそういう立場に立って接してくれたから、キリスト教への信用度があがった」という思い出が強いので、個人的にこの感覚を賜物だと思っています。

 


だから「ちょっと会話を続けるのは難しいかな」と思っので、会話をやめようかなと思いました。そんな矢先、矢継ぎ早にこんなことを言われました。

 

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「世界はね、神さまが創ったんですよ。進化論なんて、実はめちゃくちゃなんですよ」

 

『ああ、これはグイグイ推してくるパターンかな・・・。仕方ないな、ちょっと話してみるか。』そう思い、私も応答しました。

 

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「ええ、私もそう思ってますね。証明されてないですもんね」

 

 

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain

「あらそうですか、そうなんですよ。今学校でも進化論を教えるでしょう?あれはウソなんですよ。でも、世の宗教は進化論なんですね。キリスト教もそうですよ」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「・・・ん?私、クリスチャンの友達何人もいますけど、(←これはちょっとウソついた)進化論推しはむしろ少ないですけどね?」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「え?いや、クリスチャンは進化論ですよ」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「いや、それは間違いです。勘違いですね


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「ああ、そうですか。とにかく、今度大会があるのでいらしてください」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「(スルーかwwww。まぁそうだよな。だからって何が変わるわけでもないか。)大会はスケジュールが合わないので行きません。もう一つ質問いいですか?私、旧約聖書読んだことあるんですけど、どうしてものみの塔さんは神さまの名前を『エホバ』としか言わないんですか?

 


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「え?いやね、世の中にはいろんな神さまがいるでしょう?神社だったり創価学会だったり、それは実は本当の神さまじゃないんですよ」

 


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「いえ、そうでなくて旧約聖書の神さまの話をしてるんですが・・・。旧約聖書では、『エホバ』という呼び名は使われてないじゃないですか。基本的に神さまの名前は『発音できないもの』として、100歩譲って『ヤハウェ』だったりするじゃないですか、どうして・・・」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161018124540p:plain「いえ、聖書の神はエホバです。この世界も太陽も、植物も動物もみんな作られた神がエホバです」


f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160124154849p:plain「(質問が理解されてない・・・。これ以上は無理だな)そうですか。」

 


というやりとりが印象的でした。

 


とりあえず次回別の場所で会う約束をとりつけて、電話番号を聞き出そうとして逆に警戒されるというスタイル←をとった私。

 

次の日、教会の牧師先生や異端対策知識の豊富な信徒の先輩に「これからどうしたらいいか」というアドバイスを仰ぎました。

 


エホバの証人は教会にも来るし、牧師相手でも論破できると思っている。なぜ強気でいられるかというと基本的に『話を聞かない姿勢』だから。クリスチャンだと知られると、なおのこと強く来られると思う」

 


という話しや

 


「向こうは教理的に争い事はダメだから、怖がることはないけど、話は聞かれないと思った方がいい。向こうの伝道にはノルマがあるから、落とせなさそうな人は諦められると思う。クリスチャンであることは言ってしまって、ゆるくつながりを持ち続けて『そっちが話したんだからこっちも話させてくれ』という交換条件的に話をしていくくらいでいいかもしれない。下手に教理の矛盾などは言わない方が言い、色んな理由をつけて心に届かないから」

 


というアドバイスをうけました。

 


クリスチャンのなかにはこういう方もいらっしゃいますので、私も今回はできうる限りのことはしたいと思っています。

 

牧師先生にも祈ってもらってます。

 


私も一応ものみの塔の教理は知ってるんですけど、【それをどういう気持ちで自分の信仰に適応しているかというところは「対話」できる】と思ってたんですね。でも現実には、それすらかなわないのかもしれません。

 


次回の約束、どうなるか。

 

時があれば、エホバの証人キリスト教の具体的な違いなどもまとめたいです。もし今ご家族がものみの塔の活動をされていて困っている・・・というようなお悩みがおありでしたら、

jwtc.info

↑↑こういったエホバの証人脱会のお手伝いをされている団体がありますので参考になさってください。

 

(私の所属している教会である荻窪栄光教会も異端対策活動をしているのですが、どちらかというと統一教会からの脱会者が多く、そちらのノウハウのほうが豊富なようです)

 

 

 【このカテゴリの記事が読みたい方はコチラ↓】

kasuga-1221.hatenablog.com

 

【そのほかおススメ記事↓↓】

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com