読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

【脱性依存記】仕事のミスを同僚になすりつけた記憶。

性依存(恋愛依存)について

こんにちは、かすがです。

何度かお話ししています。

 

私、こういう状態だったことがあります。

  ↓ ↓

kasuga-1221.hatenablog.com

 

このときの心情や、自分の状態がどういうモノだったのか、など、何度かお話させていただきました。

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

もうここまでの記録で「自分ってクソだな・・・」と思うにはそこそこ充分なのですが、そんな私には、さらにクソなエピソードがあります。

 

 

それが、「自分のミスを同僚になすりつけた話し」です。

 

 

思い出すのもつらいですが、今日はその話をします。

 

 

■ 

 

詳しくは覚えていないのですが、とにかく私は自分のミス(かどうか微妙なところではありましたが)を、同僚になすりつけたことがありました。

 

正確には「同僚のせいでそのミスが起こった、と周りに思わせようとした」ですが。同じですね。ハハ。

 

 

あとで同僚に直接「・・・なぁ。ききたいことがあるんやけど」

 

 

といわれて詰め寄られたときに、私は自分のクソさを腐るほど実感しました。

 

 

でも、そうやって「自分ってクソだな」と言うきもちがあっても、それをどうにかできる気がしませんでした。

 

 とにかく怖かった。

 

自分の評価がこれ以上落ちるのが怖かった。

 

他人を蹴落としてでも、自分を守りたいと思った。

 

その思いが制御できなかった。

 

少し考えれば、そんなことをしてもすぐにバレることはわかったはずです。

 

でも、冷静な判断ができなくなっていた私は、その場しのぎの選択で、「え、○○さんにはそう言ってたんですけど・・・」と言ってしまった。

 

 今、もしいま、おなじような状況になったら。

 

・・・私は、「私のミスです」か、もしくは、もっと正しい選択をできるのだろうか?

 

そんなことを考えます。答えはわかりません。

 

でも、気持ちは、もうそんなことはしたくないと思っています。自分をまもるために他人を蹴落とすことは、「目先の利益に飛びつく行為」だと思うからです。

 

それは、きっと長く続かない。

 

それは多分、この世界の摂理に反する行為だから。

 

 

【このカテゴリのほかの記事はこちらから ↓ ↓】

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

【ほかにもこんな記事があるよ ↓ ↓】

 

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com