存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

【脱性依存】後遺症?スプラッタ系パニック系が苦手だったけど、見れるようになった。

こんにちは、かすがです。

 

 

ブログ内のシリーズになってます、依存脱出記。

 

kasuga-1221.hatenablog.com

kasuga-1221.hatenablog.com

 

私がこういう状態 ↑ ↑ に【なる前】と【なった後】で、今でも続いている後遺症(?)があります。今日はそれについてお話ししたいと思います。

 

 

 

■ スプラッタ系やパニック系、グロテスク耐性がついた

 

後遺症っぽいことで、唯一「いいことかもしれない」と思っているのがこの『スプラッタ系パニック系グロテスク系耐性』です。

 

 

私、以前はスプラッタ系やパニック系の映画が本当に苦手でした。

 

 

バイオハザードのゲーム程度でお手上げ。(友人宅でプレイしてるのを後ろで見て、そのあとずっと気持ち悪かった)

 

当然痛いのもイヤ。「羊たちの沈黙」程度でも全然ダメ。

 

あとは、セカイ系もダメでしたね。エヴァとかも全然好きになれなかったし、大学生のとき知人の紹介で観た「ミスト」も、見たあと本当にずっと悲しくて、苦しくて、しんどかったです。

 

d.hatena.ne.jp

 

でも、自分がこういう状態 ↓ ↓ のさなかにいたとき、

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 私は「全然ダメ」だったハズの【ミスト】をTUTAYAに借りに行って観た」んです。

 

「今ならいける気がする」とか思って。 見た後、

 

『ああ、これよりマシだから大丈夫・・・まだ大丈夫・・・』

 

とか考えてた気がします。こんなココロの癒し方もあるんだなと、自分でもびっくりしましたよ・・・。

 

そのあたりから、他にもいろいろあるグロテスクな作品は大丈夫になりました。(まぁ、単に成長して耐性がついただけかもしれませんが)

 

 

■ 引きずっているとおぼしき後遺症(?)

 

結局わたしが陥った【依存】というのは【適応障害】の一端なのでしょうね。いまだに残っている症状(?)は

 

・忙しくなると一瞬数字が読めなくなる

・音読をするとき、文字(とくにひらがな)を発音するまでに時間がかかる

・自動車で曲がるとき、脳内の情報処理がちょっと遅くなってることを感じる

・スプラッタ系パニック系グロテスク系耐性がついた

 

という感じでしょうか。

 

スプラッタ系パニック系グロテスク系耐性は、残っている後遺症(?)のなかではまぁまぁ役に立つほうです。

 

そんな感じで、【ミスト】も今年主人と一緒に観ましたし、あとは他にもホラー映画パニック映画も普通に観てます。

 

依存脱出後に観て印象的だったのは「メトロ42」とか

ameblo.jp

www.moegame.com

(これはあんまりグロテスク表現とかはなかった、「単に出来のいいパニック映画」でしたが。フツウに面白いのでおススメ)

 

 

あと・・・あれ。アレ?タイトル思い出せない…。「スプラッタ映画の王道を行くと思いきや、後半あらゆるモンスターのオールスター感謝祭になる映画」wwwwタイトルなんだっけ・・・。思いだしたら書きますwwwww

 

 

そんな感じでした。今日はこのへんで。

 

【ほかにもこんな記事があるよ ↓ ↓】

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 【このカテゴリのほかの記事 ↓ ↓】

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

【このブログ上にあるすべての《カテゴリ》が集まったページ ↓ ↓】

kasuga-1221.hatenablog.com