読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

【依存脱出記】傷ついた心を癒すために繰り返す。「私の心は安らぐことを知らない。あなたが名前を呼んでくれるまで。」

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20161016221217j:plain

こんにちは、かすがです。

 

秋になってしまいました。

少し寒くなると、どこか心がさみしくなりますね。

 

私は秋冬が季節的に好きなので、この「どこかさみしい」という気持ちが逆に燃料になって活動的になりますが、

 

活動的になると移動時間が増えるので、音楽を聞く機会も増えます。

 

 

私が寒くなると聞きたくなる曲のひとつは、これです。

梶浦由記my long forgotten cloistered sleep。

 

youtu.be

 

 ご存知でしょうか?ゼノサーガというゲームとのタイアップソングだったようですが、あいにく私はこちらのゲームはプレイしておりません;;

 

私はもともとゲームやアニメが好きで、梶浦由記さんはSee-Saw時代から好きでした。

youtu.be

今では、独立した石川智晶さん(ボーカル)の方が「私の感覚と近いな」と思うのですが、石川さんが少年少女のココロの動きをわりと客観的に描いていてやや男性的なのに比べて、梶浦さんの作品はとても情緒的で「女の人が切なくなるのに最適」な曲が基本な気がします。

 

 

 歌詞は全編英語、でも梶浦さんの曲は基本的に曲をひきたたせるために歌詞をもってきてる感じがするので、あまり深い意味はなさそうだなと思ってます。

 

でもそのかんじがまた感情移入を促すのでしょうか・・・。とにかくよく聴いていました。苦しい時代に、よく聴いてました。

  ↓↓

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

なんだか、そういう「苦しかった思い出」って、何度か反復したくなるんですよね。傷ついた心を癒すために、こういう作業って必要な時ありますよね。

 

 

(姉が、シン・ゴジラをやたら気に入ってて。3回観たそうです。で、その理由を聴いてみると。「震災の時の不安を思い出すから」だそうで。姉は東京で過ごしていたので、本当にあのゴジラのようなハラハラを体験してるんですね。ココロの奥底にまだ恐怖を抱えているんでしょう・・・それを思い出すのが、なんとも言えない気持ちになるんだそうです)

 

ということで、私も秋になるとせっせと反復作業です。

 

この曲には公式の日本語訳はありませんが、いろいろ探してみて良い訳をされている方のブログを発見しましたのでそれからご紹介します。

 

In my long forgotten cloistered sleep,
思い出されることのない,長く,深い深い眠りの中で


You and I were resting close in peace.
私とあなたは安らかに,寄り添って眠っていた


Was it just a dreaming of my heart?
それは,ただの幻想に過ぎなかったの?


Now I'm crying, don't know why.
今,私は,涙を流して泣いている
その理由も分からないまま

 

Where do all the tears come from? (to my eyes)
このあふれる(このとめどなく流れ落ちる)涙はどこから来るの?(涙は私の目へと流れて)


Could no one ever dry up this spring?
誰にもこの涙の泉(源泉)を枯らすことはできないの?


If you find me crying in the dark,
もし暗やみで泣いている私を見つけたら


Please call my name from the heart.
どうかお願い,心から私を呼んで

 

Sing with me a tiny autumn song,
あなたと過ごしたあの数日間を,あの秋の日々を,私に歌って


Weep me melodies of the days gone by.
そのメロディーで私を泣かして


Dress my body all in flowers white,
そして私を白い花で覆い隠して


So no mortal eye can see.
他の誰にも見られないように

 

Where have all my memories gone? (and lost)
私の想い出はどこへ行ってしまったの?(そして失くなってしまった


Should I roam again up yonder hill?
あのときあなたと歩き回ったあの丘をまた,
今度は私ひとりでさ迷わなければいけないの?


I can never rest my soul until
私の心は安らぐことを知らない(私の心が安らぎを覚えることはない)


You call my name,
あなたが,

You call my name from the heart.

ただあなたが,
心から私を呼び求めるそのときまで

 

In my long forgotten cloistered sleep,
思い出されることのない,長く,深い深い眠りの中で


Someone kissed me whispering words of love.
愛の言葉をささやいて,誰かが私にキスをした


Is it just a longing of my heart?
それこそまさに,私のずっと望んでいたこと?


Such a moment of such peace.
そんな幸せなひと時が

 

Where do all the tears come from? (to my eyes)
このあふれる(このとめどなく流れ落ちる)涙はどこから来るの?(涙は私の目へと流れて)


With no memories why should I cry?
想い出も,泣いている理由も,私から離れ去ってしまって,
どうして私は泣いているの?


I can never rest my soul until
私の心は安らぐことを知らない(私の心が安らぎを覚えることはない)


You call my name,
あなたが,
You call my name,
あなたが,
You call my name.
あなたが,


Call my soul from the heart.
ただあなたが,心からこのわたしを呼び求めるそのときまで

 

knowledgesafe.seesaa.net

私が恋愛や性行為というものに依存してしまった時代、私の車のCDデッキからはこの曲がよく流れていました。

 

それは、依存していた相手への歌でもありながら、もう一つは、それ以上に私が帰らなくてはいけない場所、そこにいる人のことを思い浮かべながら聴いていました。

 

Where do all the tears come from? (to my eyes)
このあふれる涙はどこから来るの?(涙は私の目へと流れて)

 

Could no one ever dry up this spring?
誰にもこの涙の泉(源泉)を枯らすことはできないの?


If you find me crying in the dark,
もし暗やみで泣いている私を見つけたら


Please call my name from the heart.
どうかお願い,心から私を呼んで

 

 人の心とは不思議なもので、愛すべきではない人と過ごす時間も、はじめのうちは楽しく甘美な喜びだったような気がします。

 

でも、それは本当に一時の快楽にしか過ぎなかった。

 

私のココロが「どうして私は泣いているの?」という問いかけを自分でしはじめたきっかけを、ここではっきりと話すことはしません。

 

(もし気になる方は、よければ、こちらの記事から入って、メルマガに登録してみてください。)

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 メルマガには私のメールアドレスが入ってますので、そこからお問い合わせください。また、もしかしたらメルマガ内でそういう話しをすることもあるかもしれません。

 

 

とにかく、私の心には「安心」といったものが消え去ってしまったのです。

私は家族と一緒に暮らしていましたが、何も分かち合うことができず、本当に「孤独」でした。

 

With no memories why should I cry?
想い出も,泣いている理由も,私から離れ去ってしまって,
どうして私は泣いているの?


I can never rest my soul until
私の心は安らぐことを知らない(私の心が安らぎを覚えることはない)


You call my name,
あなたが,


You call my name,
あなたが,


You call my name.
あなたが,


Call my soul from the heart.
ただあなたが,心からこのわたしを呼び求めるそのときまで

 

 

 ただ、私の救いは、「あそこに行けばこの苦しみから逃れられる」という場所を知っていたことでした。それは、私が大学時代に友人の誘いで行って、しばらく過ごしたある場所でした。

 

 

それは、ある意味では「場所」とも言えるし、「本当に愛すべき人」がいる場所でもあり、ある意味では「考え方」でした。

 

 

私の名前を呼んでくれる。私を必要としてくれる。そして、それは人と人との欲望から生まれる関係のように、崩れ去ることはない。

 

どうか、今苦しい想いをされているすべての人が、本当の安心を手にすることができますように。

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com