読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

【顔料(岩絵の具)から練る油絵具】発色・のび・深みが違う手作り絵具。

周りと一味差のつく油絵技法

【顔料(岩絵の具)から練る油絵具】周りと差を出したいならぜひやってみて!

 

 

顔料から油絵具を練ると、発色が全然違う&伸びがすばらしいです。

 

 

カンタンなのでぜひ、「自分の一番おし出したい色」だけでも作ってみてください。

 白みたいなキメ色に使ってもいいですね。

 

 

 

■ 必要なモノ・作り方・分量

*顔料(日本画用の岩絵の具を使うとキレイです。画材屋さんに売ってるので、お好きな色を。とりあえずは、こういうセットを買ってしまうとのちのち困らないかもです)

 

 

*ダンマルバニスorスタンドオイルを混ぜて、こねる!40分くらい(笑)

 

 

 

これを、通常の絵油絵具と同じように使います。

空チューブに入れてもいいですし、

 

 

 ■ 黒や白は、深みが違う

 

よっぽど安い顔料を使わないがぎり、発色も深みもバツグンなものになります。

とくによくわかるのは「黒」ですね。

 

顔料がお高く感じるかもしれませんが、安い絵具よりも伸びるので、長い目で見てそんなにバカ高くつくわけではありません。

 

ここで紹介しているダンマルバニスやスタンドオイルも、今は聞き慣れなくてもゆくゆくはかなり使えるので、大き目のモノを買ってしまうのがいいのではないでしょうか?

 

 

■ こんな記事もおススメ↓

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

( Amazon.co.jpアソシエイト)