存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

お義兄さんから教わった「いのちのことば社」に対しての態度

いのちのことば社」。クリスチャン・求道中であれば、キリスト教系統の本を人から貸してもらったり、教会で借りたり、自分で本屋さんにいってみてみた子尾があるかもしれない。

 

キリスト教系統で一番大手なのが(たぶん)、この「いのちのことば社」である。

 

 

 

お義兄さん(クリスチャンホーム育ちの2世。信仰の先輩として頼りになる)には、

 

 

いのちのことば社は大手だけに、色んな本を出版してるから、気を付けてね」といわれた。どう気をつけるかは、「教会選び」のときと通ずるかもしれない。

 

 

 

大手だから安心ね、という風に思っていた時期が私もあったが、やっぱりいろいろみていると、「○○だから安心」という言葉がどれだけ虚しいかよくわかる。

 

 

 

最終的には、クリスチャンが信頼するものは聖書しかないのだ、ということに立ちかえるにはいい経験かも知れない(笑)

 

 

でも、時にはやっぱり「人の証し(どうやってクリスチャンになったか)」であったり、「これはどういう意味なのか教えてほしい」といったことが読みたいこともある。

 

 

ということで、聖書以外の本を手に取るときは、あんまり気を許しすぎず「内容を」「吟味して」「最終的には聖書を読む」というところだけは忘れないようにしたい。

 

私はとりあえずその路線で行こうと思っている。

 

 そういった意味では、私みたいな福音派のペーペークリスチャンが書くこのブログも決して信用しすぎず、聖書を読むとか、身近な教会の先輩に聞くとかしてね。

 

 信仰の先輩方、ツッコミ・補足ございましたらよろしくお願いします。

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com

 

 

kasuga-1221.hatenablog.com