読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在に耐えられない軽さだとは思わない

発信する意識低い系。性依存(恋愛依存)脱出記。雑感と絵画技法・クリスチャン1年生におススメ本を紹介。基本的スタンスは「これからどうするか」

私が葬儀の仕事をしながら考えていたこと ~はじめてのナンパ~

f:id:kasuga-2-19-1-100110:20160123122520p:plain

これが、ナンパというやつか?

 

通夜に来た親族の、中年のおじさんだった。

 

 

 

「生花を注文するけん、注文聴いてくれへんか。ロビーに来てや」と言われて注文書を持って行ったら、電話番号を渡されたのだ。

 

 

 

「食事でもいこうや。また連絡して」

 

 

『食事でも』と言っても食事じゃすまないのだろう。この人に奥さんらしき人がいるのは、当然接待中に見ている。

 

 

私の倍以上生きているだろうこんな人は、若い女の子に声をかけることが楽しいのか。

 

他になにかないのか。

 

おじさんの腕でやたらと輝く腕時計を見ながら、そんなことを思った。

 

 

『この人は人生に余裕があるんだな。うらやましい。人生に余裕ができたらこんなことをし始めるのか。』

 

残念な気持ちと、軽蔑と、少しの迷い。

それでも、電話番号をすぐに捨てられない自分に気づいた。

 

 

私は、人生が不安だった。

 

 

自分が誰かと「公に言えない関係」になるとということは考えたこともなかったが、疲れ切っていた私のココロには少し陰が落ちるようになっていた。

 

 

誰かに頼れば楽になるのだろうか。

 

 

自分のなかの、倫理観のなさを初めて感じた。

 

 

(続く)